クラミジア治療の費用は?

クラミジア治療の費用は?

性器クラミジア感染症の治療は、まず検査で感染の有無を確かめるところから始まります。

検査で陰性反応が出れば、そこで終えられます。そのため、ほとんど出費がありません。

検査費用に関しては、病院で医師から直接検査を受ければ、安価です。

しかし、病院で検査を受けるのに、抵抗がある方も多いでしょう。

そういう人は、検査キットを用いましょう。

検査キットの費用は、8000円程度で、少し割高です。

割高でも自分で確かめたいという人は、検査キットを購入してください。

陽性反応が出た場合は、病院で治療薬を処方してもらいます。

この際に掛かる費用は、およそ10000円弱です。

薬剤は、1週間で使い切ることを目処に処方されます。

つまり、なかなか治らなければ、ここから上積みされます。

10000円というのは、最低ラインと考えておきましょう。

また、性器クラミジア感染症は、喉にも感染する性病です。

仮に、性器と喉の両方の治療が必要になれば、出費が2倍になります。

あくまでも参考程度ですが、診察の際には、財布に余裕を持たせておくことをおすすめします。

保険は適用されるの?

性器クラミジア感染症の治療では、健康保険が適用されます。

検査キットの方も、保健所でお願いすれば、無償で提供してくれることもあるのです。

上手にやり繰りすれば、かなり出費を抑えられます。

また、焦らずに検査や治療の方法を確認しておくのも大事でしょう。

健康保険が適用された場合の費用については、まず病院の検査キットで3000円ほどです。

先述のように、保健所では無償で受けられる可能性はあります。

しかし、確実に検査を行うには、専門家の下で受けるのが理想です。

経済的に余裕があるのであれば、3000円を出す価値があります。

加えて、治療薬の方では、本来10,000円するところが、2,000円弱にまで抑えられるのです。

特に、治療が長引く人にとっては、強みです。

費用が安くなれば、病院へ行く意欲も高まります。

性器クラミジア感染症は、自然治癒ができません。

自覚症状がある人は、積極的に検査を受けましょう。